1949 年、スウェーデンの大手出版社ボニエールが本棚のデザインコンペを実施しました。

これからの時代、書籍が身近なものとなり、人々が多くの本を買い求めるにつれて収納棚が必要になると考えたからです。

ニルス・ストリニングの考案した製品は、シンプルかつ軽量。

薄型梱包が可能で運送費の削減につながり、組み立ても簡単です。

装飾のない棚板は手軽に移動することができ、奥行きのバリエーションも豊富。

書籍はサイドパネルによってしっかりと固定されます。

上下左右にパーツを連結できるので、壁面のスペースに応じて機能的に配置できます。

また、はしご状になったサイドパネルは一本一本を細くして、見た目の美しさにもこだわりました。

「座りっぱなしはある意味喫煙と同じである」と言わるほど、健康を害する恐れがあると考えられており、 昇降式デスクを使用して、立ったり座ったりしながら作業を進めることは、肥満、糖尿病、循環器疾患、癌発生、死亡リスクの低下に繋がり、生産性の向上、欠勤の減少、医療費の削減になると様々な研究結果で示されています。

日本でも2015年より経済産業省が東京証券取引所と共同で「従業員の健康管理を経営的な視点で考え、戦略的に取り組んでいる(上場)企業」を「健康経営銘柄」として選定・公表する制度を開始。

2016年から優良な健康経営を実践している法人(上場企業に限らない)500社を、2020年までに「健康経営優良法人(ホワイト500)」として認定する制度をスタートさせました。

また今年4月に開催された政府の「未来投資会議」では、従業員の体調管理を重視する「健康経営」を実行する企業に対する優遇措置を作る方針が示されました。

企業が従業員の体調管理を重視することで、生産性の向上や医療費の節約につながり、健康経営に取り組む企業の健康保険組合の負担軽減が望まれると経済産業省が提唱しています。

このような状況により、日本でも2年ほど前から昇降式デスクの導入が進み、体格や作業に合ったデスクの高さで仕事をし、立ったり座ったりしながらのワークスタイルが増えていると言います。

【string ストリング】string works Meeting Table ストリング ワークス 昇降式ミーティングテーブル W180 リノリウム 1949 年、スウェーデンの大手出版社ボニエールが本棚のデザインコンペを実施しました。

これからの時代、書籍が身近なものとなり、人々が多くの本を買い求めるにつれて収納棚が必要になると考えたからです。

ニルス・ストリニングの考案した製品は、シンプルかつ軽量。

薄型梱包が可能で運送費の削減につながり、組み立ても簡単です。

装飾のない棚板は手軽に移動することができ、奥行きのバリエーションも豊富。

書籍はサイドパネルによってしっかりと固定されます。

上下左右にパーツを連結できるので、壁面のスペースに応じて機能的に配置できます。

また、はしご状になったサイドパネルは一本一本を細くして、見た目の美しさにもこだわりました。

サイズ W180×D78×H71.5?118.5cm 素材 天板:ホワイトラミネート/MDF、突き板/MDF、リノリウム/MDF フレーム:スチール デザイナー Bjorn Dahlstrom / Anna von Schewen イメージ写真について イメージ写真には、該当商品以外の撮影小物なども写っておりますが、それらの小物は商品には含まれておりません。

お間違いのないよう、ご注意くださいませ。

レビュー件数0
レビュー平均0.0
ショップ Shinwa Shop 楽天市場店
税込価格 315,576円